(はじめに)本記事は、ポケモンGOによる集客・ポケモンGOに対する宣伝を目的としておりません。

 

2016年7月から日本でもポケモンGOがリリースされました。

海外では既に連日ニュースになるほどの人気を博しておりますが、このポケモンGOを目的に来日する方も中にはいらっしゃるようです。特にリリース直後に都内の名所に、日本では容易に超えられないCP(ポケモンの強さ)のキャラクターを占拠させり、国内外の交流も盛んになっています。

1.カモネギは日本限定キャラクター

ポケモンGOには、大陸単位で限定キャラが存在します。

アメリカ大陸は「ケンタロス」

オセアニアは「ガルーラ」

西ヨーロッパは「バリヤード」

083

そして日本を含むアジア限定は「カモネギ」です。

カモネギ目的で民泊を使って旅行してくる方は、あまり多くはありませんが、「ポケモンGOやってる?カモネギならここにいるよ」という案内だけでもゲストに伝えるだけでコミュニケーションが取りやすいのでは無いでしょうか。

2.東京都内のポケストップ名所はチェックしておこう

もし、熱狂的なポケモンファンのゲストがいらした時には、池袋にあるポケモンセンターメガトウキョーにお越しになる方が多いと思います。副都心を中心に、観光されるのであれば、周辺の新宿〜原宿・渋谷などのスポットを把握しておくと良いかもしれません。

また、東京は特にポケストップ密集が数々存在します。他国の状況は不明ですが、日本ならではの高密度な体験が出来るかもしれません。

20160727234717

 

3.バッテリー消耗が激しいため緊急連絡先を。

ポケモンGOを試しに触ってみた方ならお分かりかと思いますが、ゲームアプリのため、バッテリーの消費が著しく激しいのがポケモンGOの特徴でもあります。入室後であれば道もある程度分かると思いますが、初日に不足の事態が発生するかもしれません。

ポケモンに関する質問を、渡航前に話してきたら、念のため「緊急連絡先は紙でお控えください」と念をおして置いたほうが良いかもしれません。

 

4.新しい価値観の旅行

日本でも、先進的なゲーム故に良い部分も悪い部分も注目されているポケモンGO

旅をより一層楽しいものにする要素として、日本の文化+日本の価値観+日本の風景に、共通した日本発のゲーム世界が加われば、ゲストにとって忘れられない体験になるかもしれません。