IMG_2742

※本記事は利害関係のあるサービス紹介ではありません。

受付人件費を大幅に削減!

 物件のオーナーに向けてリノベーションなどを提案するxxx株式会社(呼称:エイジィ)が、IoTを駆使した民泊向け自動受付システムminpakuINをリリースしました。

民泊を運営する際の受付業務を抑制出来る仕組みで、パスポート情報の保管と本人確認、さらには施設利用約款の承諾と電話対応機能が利用できます。

将来的にはスマートロック機能を追加予定なので、チェックイン・チェックアウトの業務がとにかく手間いらずになっていく事でしょう。

ちなみに、初期費用50,000円、月額5,000円〜という事で、ある程度慣れてきた民泊ホストは検討してみる価値アリかと思います。

【参考】http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000016427.html

 

民泊の運営は楽しいとこだけ

ゲストとのコミュニケーションは他には無いとても稀有な体験という事です。最良の体験をして頂くために、無駄な手間は省いて行くのが良いのかもしれません。

日本の素晴らしさを知って欲しい!とか、優等生のような考えを持つ必要はありません。(もちろん持って良いです。私も持ってますし。)

でも日本に来るゲストに、「私ならこうやってオモテナシしたい」という願いでアメニティに凝ったり、内装の統一感を考えたり、オススメのスポットを案内したり出来ると思います。

minpakuINのサービスを拝見して、薄利でも楽しいと思える民泊が何よりだと感じたので記事にさせていただきました。

緊急時はご一報ください

弊社は民泊の清掃代行サービスを行っております。

不在型の民泊ならば、誰よりもゲストに近く、現場に居ることが多いです。普段は自分で清掃している方も、出張で清掃出来ない時はご用命ください。