こんにちは!ピナイ家政婦サービス広報担当の星野です。

弊社に清掃を依頼してくださっているホスト様の中にも、ゴミの問題のことでご相談される方が多くいらっしゃいます。ゴミ問題が原因で民泊を撤退せざるを得なくなったホスト様も・・・。

そこで、今回は民泊を始める!(準備編その②)と題しまして、ゴミの処理について書いていきたいと思います。

 

京都市の動き

京都市は2016年5月9日(月)、民泊施設から出るゴミを事業系廃棄物として扱うべきだという考えを表明しました。

民泊施設のゴミがルールを無視して出されていることをいち早く問題視した京都市が、そのルールを作ろうと動いているのです。

この動きは全国的に広がっていくとみられており、今から民泊を始める皆さんも、廃棄物処理の方法を認識しなければなりません。

 

一般廃棄物と事業用廃棄物

一般廃棄物とは家庭から出る普通のゴミで、決められた場所と日時に出せば回収業者の方が回収しに来てくれます。

事業系廃棄物は、一般家庭用のゴミ捨て場に捨てることはできず、

自分でゴミを役所に申請し、集積所まで持っていくか、廃棄物処理の資格を持つ業者に委託する必要があるのです。

 

ゴミトラブルが原因で民泊閉鎖・・・。

その方はとあるアパートの一室で民泊を運営していました。

ゴミに関しては深く考えずにマンションの目の前にあったゴミ置場に捨てていたのですが、実はそのゴミ置場はそのマンション一階にあるレストランのゴミ捨て場だったのです。

もちろんクレームになり、大事に発展し、最終的には保健所の立ち入り調査で民泊禁止を宣告されてしまったのです・・・。

 

しっかりとゴミ処理について考えましょう

今から民泊を始めようとされる方も、始める前に必ずゴミ処理の方法を考えましょう!

綺麗に分別してマンションのゴミ捨て場に捨てられるのか、ゴミ捨て場がない場合は、個人でゴミを処理するのか、業者に委託するのか。

ゴミの処理は多少コストをかけても、清掃と同様、丁寧に行う必要がある要素の一つです。