民泊・Airbnb運営においてカギの安全な設置場所を考えるにあたって、キーボックスはもはや必須アイテムですね!

2015年は民泊・Airbnbブームに一気に火がついたため、Amazonの商品ラインナップからキーボックスが在庫切れ・品薄となっていた時期がありました。

 

私共も立場上いろんな物件にお伺いしますが、マンションのエントランス近くにキーボックスがズラりと並んでいる光景も今やそう珍しいことではありません。

 

マンションのキーボックス

 

・・・と、これはやりすぎですが、キーボックスはゲストやクリーナーとのカギの受け渡しに必須アイテムと言えるでしょう。

 

 

ところが、このキーボックスですが物件の状況によってはつけられない場合もあるようです。

マンション自体が民泊・Airbnbの利用を禁止していたり、そもそも立地上の都合で難しい場合もあるかと思います。またタワーマンションの場合も周辺に設置場所がないためキーボックスの取り付けは難しいでしょう。

 

そういった場合はゲストが来るタイミングに合わせてカギを渡しにいったり、カギの受け渡しのサービスを利用したりと何かと手間とお金がかかるケースが多いかと思います。

弊社にもよくカギの受け渡しの依頼のご相談を頂きますが、実はほんの少しの工夫で解決できたり、実はキーボックスを設置できたりするケースがあります。

 

今回はこういった「カギの受け渡しをしたいけど、キーボックスを取り付けられない方」向けに、弊社の解決パターンを一挙公開しちゃいます。

これは大きな手間・コストダウンにつながりますので、ご関心のある方はよく読んで下さいね!

 

パターン1:マグネット式キーボックスを利用する

とても単純な方法なのですが、メールボックスの内側にマグネット式のキーボックスを貼り付けてしまう方法です。

 

スクリーンショット 2016-05-22 2.54.13

 

いわゆる発想の転換といいますか、非常に単純なやり方なのですがそれだけに取り組みやすいやり方かと思います。

やり方は簡単。上記ブツをメールボックスに取り付けて終了です。

 

まれにメールボックスがマグネット対応してない場合がありますが、その時は板マグネットを両面テープで貼り付ければOKです。

マグネット利用

 

メールボックス内につけてしまえば誰でも取ることができますね!

 

パターン2:メールボックス内にワイヤーで固定する

ワイヤー付きキーボックス

 

はい、こちら一番おすすめの方法です!たいていのパターンはこのやり方で解決できます。

よく相談されるパターンのひとつに「メールボックスがオートロックの奥にある」という状況がありますが、この場合はワイヤーと薄型キーボックスで一発解決します。

 

写真の様にワイヤーの片方をメールボックスの内部に紐通し、もう片方をキーボックスに取り付けます。

ゲストやクリーナーはメールボックスの隙間から手を入れ、ワイヤーを手繰り寄せてキーボックスを取ることができます。

 

設置が少し面倒なのですが、取り出しやすいという点では非常に優れているかと思います。

キーボックスをマンション周辺に取り付けられないという方にはこれはおすすめです。

 

どんなにセキュリティが固かろうが、民泊を禁止されていようが郵便屋が配達するポストがついていないマンションはありません。

何とかなります、ご安心下さい。

 

ちなみにワイヤー800円・キーボックス3500円で購入できます。

 

パターン3:南京錠で固定する

考案中・・・

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

もしカギの設置でお困りの際はご相談いただけますと幸いです。

清掃会社は立場上様々な物件にお伺いするケースが多いので、たくさんのカギの置き方のバリエーションを知っています。(たいていの場合は意外と簡単に解決できます。)

 

尚、弊社ではキーボックスの購入・設置代行も合わせて行っております。

上記でご紹介した方法で、キーボックスを皆さまの物件にお伺いして取り付けておきます。

お気軽にお問い合わせ下さいませ!