民泊の清掃は高いレベルの清潔感を維持する必要がある

 民泊を運用する上で、清掃作業は切っても切れない関係にあります。“キレイ”の価値観は人それぞれ異なっているため、高評価のレビューを貰うために“キレイ”を保てる仕組みが重要になってきます。

仕組みとは維持継続可能な金銭・労力・品質のバランスに成り立つので常に見直して運用する事をオススメします。

oosouji_dougu

清掃道具一つで落とせるヨゴレが変わる

掃除道具で妥協した場合に何が変わるのか。

それは、言うならば掃除の達成割合の差だと思います。

例として、ベッドの清掃時に髪の毛を取り除くためにコロコロ(クリーナー)を利用しますが、安価な品と正規品では粘着力が段違いです。そのため安価な品だと例え一面コロコロ掃除をしても、掃除出来ていない部分が発生し、本来の目的である「髪の毛を取り除く」に対する達成割合が変わってきます。

顔も知らない前の入居者の髪の毛が落ちているだけで、「キレイだった」と☆5の評価を付けづらい体験になるので、髪の毛だけは装飾やウェルカムグッズよりも気を配って頂ければ幸いです。

oosouji_yukafuki

もちろん清掃する場所の勘所も大事

清掃する場所があると言うことは汚れやすい場所もあります。汚れは隅・奥・裏・陰・下・上に潜んでいます。

汚れやすい場所や見落としがちな部分は清掃マニュアルとして明記して、その都度しっかりと清掃出来るような体制が望ましいです。

 

質と量どちらが大事か

タオル・リネンについても同じ事がいえますが、お金をかければ質の良い物が手に入りますが、それでは無用にコストがかかってしまいます。

 清掃道具について、大きく注意すべきは“掃除機の壊れにくさ“、”液状道具の効率の良さ“です。

掃除機は掃除道具として単価が高く、壊れた際の損害が大きいため安価な中古品に手を付けずに正規品をオススメ致します。

※洗濯機について
 民泊は複雑な衣類を扱わないためこちらは安価な品でも動く事が多いようです。

oosouji_mado

オススメ清掃グッズ

商品販売を行っている訳では無いため、イメージ画像になりますが、弊社で清掃代行する際にオススメしているグッズは下記のページに掲載しておりますので合わせて確認してみてください。

http://pinay-minpaku.jp/tool