haneda160218040i9a9185_tp_v

1.はじめに

弊社はAirbnbをはじめとする民泊の清掃代行サービスを提供している企業です。清掃スタッフの教育や労働環境の改善、ホスト様との綿密なコミュニケーションを繰り返しております。今後、民泊を始めようと考えている方に向けて、清掃スタッフの現場状況をまとめました。

2.清掃スタッフのクオリティはベッドメイクとリモコンで分かる

清掃を個人・法人に依頼する際、価格と品質に差を感じるかと思います。直接取引になるため、個人に清掃を頼むと価格は安く済みますが、一方で依頼の手間と品質に不安が残ります。

一方で弊社のような企業では逆の事が言えます。弊社ではスタッフ教育には特に力を入れており入社後も定期的なスキルチェックを行い、業務平準化のためのマニュアル作成はご依頼頂く物件単位で個別に作成します。

清掃スタッフを多く見てきた為に、ベッドメイクのクオリティに関しては最も個人の差を感じる部分になります。自宅の布団ならば問題ないですが、ゲストが安心してお休み頂けるベッドはリスティングの評価を二分すると言っても過言ではありません。ベッドメイクは手順を踏めばクオリティは一定水準まで引き上げることが出来ます。

ベッドを整え、掃除機で髪の毛を取りきった後でも気は抜けません。

リビングのテーブルに置くリモコン一つだけでも、所定の位置に置いているか、テーブルと平行(または直角)に置いているか、など細かな部分で心象を変えます。

3.清掃を考えるなら2段ベッドはNG

これはホスト様の事情にも影響するのですが、清掃スタッフ目線だけで言うならば2段ベッドは清掃しづらく、結果的にゲストの不評に繋がります。

ハシゴの昇り降りの手間もありますが、なにより上段ベッド・下段ベッドの隅や裏は死角になりやすく、ゴミや汚れを発見しづらいなどの違いが出てきます。床の数を増やしたい場合は簡易ベッドや布団を用意するとゲストの人数に対応し易いかと思います。

また、清掃の手間としてはベッドの大きさは影響ありません。日本の規格だと小さいと評価される場合を考えて大きめを用意しても清掃料金が上がったりはしません。ただし、床数によってスタッフ2名体制も止むない場合があります。

4.清掃スタッフはコミュニケーションに消極的な方がいます

清掃を依頼する際にはあまり意識する必要が無いかもしれませんが、民泊は空室を清掃するのでコミュニケーションを取らないで済むという点から、寡黙に清掃したい方に人気です。チェックイン・アウト時にゲストと簡単な会話は出来ますが、積極的な会話を嫌う方もいらっしゃいます。もちろん人それぞれの性格なので断定する訳ではありませんが、お人柄よりも清掃の結果で評価頂いたほうが良いかと思います。

paku_klasdklj_tp_v

5.さいごに

清掃代行は、不定期な業務になるのでスタッフの固定が非常に難しい業務です。もちろん交通の便を考慮して絞ったメンバーの中から対応しますが、清掃の品質が保たれているかは雇っている企業の教育体制に影響します。

投資として民泊運営している方であれば、利益をどれだけ取れるかの計算になりますが維持継続した運用の基盤に清掃業務がありますので、安かろう悪かろうにならないように、必要であればご自身で定期的に清掃チェックを行って頂ければと思います。