%e6%bc%ab%e7%94%bb_fotor

はじめに

小林健太郎(コバケン)と申します。(Airbnb)民泊の運営・清掃代行・集客の経験からセミナー開催を行っていますが、その一部をブログ記事として日々投稿致します。

今回は、Airbnbで盛り上がっている民泊について「ココが面白い!」というポイントをご説明致します。運営されている方からすれば、当たり前かもしれませんが原点にかえってみるのも良いかもしれません。これは個人的な考えですが、民泊を始めるきっかけの中心は”儲かるか”よりも”やってて面白いか”という事が大事だと思っています。なにせ、面白ければ続きますもの。漠然としていますが、Airbnbで出会った人は、何にも換えがたい価値です。

誰でも民泊やった方が良いとは申しませんが、ちょっと勇気出すきっかけになれたら嬉しいです。

Airbnbはココが面白い

Airbnbは、世界最大級の民泊マッチングサイトです。中国には中国のAirbnbとして自在客というサービスがあり、日本は観光地として人気ですが、現在は依然として予約の大半がAirbnb経由になっています。

Airbnbはゲスト目線で物件を見ているだけでも楽しいです。本当に個性的な物件が何万件とあるので、インテリアのアイデアとか、レビューを見ているだけで自分の物件をもっと良くしようと思えてきます。

以下に、ホスト目線で考えた「Airbnbで面白いポイント」を5つほどご紹介いたします。

1.個人で副収入が得られる

初めにこれを書く必要がありますが、民泊ホストは収益を得るために運用しています。人との交流は面白いのですが、慈善事業をやっているわけじゃありません。

民泊の収益はホストの宿泊費+清掃費用を設定することができます。

おおよその収益予想は、宿泊費相場 × 稼働日数 × 稼働率 で計算できます。

例えば稼働率は80%を目標にして、年平均の宿泊費が1泊6000円の立地だった場合

6000円✕30日✕0.8 =144,000円が売上です。プラス清掃費用を得ることができます。

家賃が◯0,000円だった場合に、どれだけの収益になるかは、ホストご自身の状況に応じてシミュレーションしてみると良いでしょう。とにかくこれが民泊運営の楽しさの第一個目です。

2.個性的な部屋を紹介してゲストに泊まってもらえる

私小林は、すごいミーハーなので男子向けの漫画・アニメが大好きなんです。ドラゴンボールとかワンピースとか、ジョジョとかNARUTOとかそういうところ。でもいい年の大人になって知ったのですが、日本の漫画・アニメって世界では”日本の文化”としても、興味関心を持って貰えているみたいです。

実際に以前に民泊で宿泊したゲストは、漫画トークでものすごい量のチャット+滞在中の食事で楽しんでいました。それも、部屋の一角にある大量の漫画本に興味を持ったようで、簡単なコスプレ出来るようにグッズも取り揃えました。

簡単なところですが、これはホテルの宿泊では絶対に出来ない部分なんです。

ホテルで個性を求める人なんてほとんどいないでしょう。民泊は逆に個性がいっぱい。なによりホストの顔と人となりを見て宿泊を決めることが多いので、その部屋を飾ったホストに興味を持ってもらえます。表現力が乏しいのですが、これって凄くないですか?民泊を通じて自分の表現力を試されているようですが構える事は無いんです。とにかく好きなもの並べるだけでもOK.清潔にきっちり整えるのもOK.ゲストが喜ぶ体験ができればなんでもOKなんです。

3.ゲストとのコミュニケーションが楽しい

私は会社勤めなので、自宅〜駅〜会社の往復を行っているので、新しく人と出会う機会は非常に限られていました。働き始めて新しい友だちなんて、増えるどころか減っているようにも思えます。

民泊は出会いを求めるツールではありませんが、自宅にいながら国際交流出来るので生活もガラリと変わるかもしれません。Airbnbを利用する人の半数はアジア圏ですがもう半数は欧米ヨーロッパ等々、日本人だけの生活圏では見慣れない方も多いです。

年齢・性別・国・文化・言語それぞれ異なる人とのコミュニケーションはホストになってこそと言えます。なお、Airbnb上でのやりとりは基本的に英語です。簡単な英会話さえ出来れば友達になれるます。

参考:なぜゲストはAirbnbを利用するか

3.改めて日本の知識が増える

%e6%bc%ab%e7%94%bb

Airbnbで日本に訪れる方の半数は「安く止まりたい」ですが、もう一方で「日本の文化にふれたい」という需要があります。実際、在宅型の民泊はホームステイに近いコミュニケーション頻度なので朝から晩まで一緒に居ながら日本を案内する事もあるので、改めて日本を知る機会も増えます。

不在型の民泊でも、物件周辺の案内は重要な要素になります。個人で歩き回ってオススメのスポットや、地元の人だから分かる観光地やスポットを探すのもゲストに旅を楽しんでもらうために必要になっていきます。

参考:満足度MAXの民泊体験[近隣マップ作成の勧め]

4.世界に友達が出来る

%e6%bc%ab%e7%94%bb

日本ではホストという立場になりますが、旅をするときAirbnbを使う事もできます。その時はゲストになるわけですから、ぜひとも過去に宿泊した方に連絡してみてはいかがでしょうか。

また、海外から来たゲストは先生でもあり生徒でもあります。英語が苦手なら教えてもらえるし、漢字を知りたければ教える事もできます。つまり世界に友達が出来る!と言っても過言ではありません。

参考:Airbnbのゲストが使う英語表現は意外に少ない