こんにちは。ピナイ民泊清掃サービス編集部です。
今回は民泊の鍵の受渡しに関する手引をご案内します。

img_9647

1.はじめに

民泊を運営する際に、ゲストに対して1番注意するべきはチェックインに関する対応です。

ゲストの立場で言うと見知らぬ土地で知らない道路標識の中、言語が違う環境のなかで安らげる宿泊先を探すため、不安も多い事でしょう。

一方でホスト側の立場で言うならば、物件によって鍵の管理方法が異なるため、キーボックスの設置が出来ず手渡しが必至であったり、エレベータの利用時にも鍵が必要である事を伝える必要があったり、ゲストを迎え入れる最初の段階なので手間や気づかいが必要になる場合があります。

チェックイン時の対応は、レビュー評価よりも近隣住民を考えて分かりやすく丁寧な案内を心がけましょう!

ozp85_iphonijirinagarairaira_tp_v

2.鍵の受渡しの手引

2.1 手順① ゲストとの集合場所の案内

Airbnbでゲストに案内する際、住所を含めた情報を連絡しますが、その中で(出来るのであれば)以下の3点を追加するとホストも安心すると思います。

・(ホスト本人と異なる場合)鍵の案内は本人では無い事の連絡
・集合場所の景観や目印の写真
・鍵に関する案内と写真

2.2 手順② ゲストとの待ち合わせの際の案内

集合場所を指定しても、必ず上手く到着する訳ではありません。資料を渡しても注意事項は見落としますし、日本に来て印刷した地図で何とかしようと考える方もいらっしゃいます。また、雨天の際には傘を2本持っていくと良いかもしれません。

【対処法】
・FaceTimeなどのビデオ通話を利用してお互いの現在地を確認
・マクドナルド・KFC・サブウェイ・セブンイレブンなど海外でも認知されている飲食・コンビニを集合場所に設定する。
・駅名を間違えたら、◯◯分に来る◯番線で◯◯駅に乗り〜と数値と駅名で案内する。近ければ最悪の場合、集合場所をそちらに変更する

2.3 手順③ 無事に待ち合わせたら物件まで案内

無事に会えたら、物件までご案内しましょう。

「今日はどこ行ってきたんですか?」
「なんで日本に訪れたんですか?」
「部屋を決めたポイントはなんですか?」
「何を食べたいですか?オススメの店は〜」
・・・など、Airbnbでは聞けなかった質問で楽しく案内を盛り上げると良いでしょう。

2.4 手順④ 物件に到着したら鍵の注意点を説明

上記で記載しましたが、物件によって鍵の使い方は変わります。出来れば”実際にゲストに鍵に渡して実践してもらう”事をオススメします。

いくら自分がネイティブな共通言語を喋れても意図が伝わって無ければ後々手間になります。そのため、伝わっているかの確認と共に、体験として施錠・解錠を実践してもらうのがベストです。

ホテルのフロントのような施設は無いので、鍵の管理は旅行期間中はゲスト自身がします。スペアを作る費用と手間を考えれば、大事に扱ってもらうための一言も添えて問題ないでしょう。

2.5 手順⑤ チェックアウト後の鍵の取扱

上記手順と同じタイミングでチェックアウト後の鍵の取扱について案内しましょう。

恐らく水道・ガスメータ等の場所にキーボックスを設置して入れてもらう手順になります。こちらも、余裕があればゲストにキーボックスの施錠まで体験してもらう事をオススメします。

pak92_ryokousya20140208_tp_v

3.さいごに

ピナイ民泊清掃サービスでは、清掃後に当日チェックインの方に向けた鍵の受渡しサービスを提供しています。オプションサービスなので鍵の受渡しのみは相談となりますが、民泊に慣れたスタッフが案内しますので検討ください。