民泊ゲストに対してどのような連絡すれば良いか

6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s

Airbnbなどのサービスを使用して民泊運営を行うと、世界中のゲストから宿泊予約が入ります。

Airbnbでは予約時に部屋が空いていれば自動で受け入れ可能のメッセージを送ってくれる機能もありますが、多くの人が自分でゲストの人数、宿泊日数を見て判断しています。

現役ホストが実践している、「ゲストからの予約リクエストが来てからの基本的な対応」について解説します。

1.始めに届くのは宿泊予約リクエスト、人数日数をみて受け入れられるか判断しましょう!

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891  

まず初めに、ゲストが宿泊したい日程と人数を入力して宿泊リクエストを送ります。

宿泊リクエストはホストが初めて予約について知るのはこの時です。

宿泊リクエストではゲストの人数、宿泊日程、Airbnbに登録してあるホストの情報が書いてあります。

どこからくるのか、いつからAirbnbに登録しているのかだけでなく、ホスト自身が書いた自己紹介や他のリスティングに宿泊した時のレビューなども書いているのでチェックしましょう。

人数、日程に問題がなければ基本的にゲストを受け入れていいですが、もしレビュー上にうるさい、約束が守れない、などと書いてあった場合は宿泊のお断りを考えてもいいかもしれません。

2.宿泊受け入れのメッセージ送ってゲストの最初のコミュニケーションを

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892

宿泊リクエストを確認して、受け入れが可能な場合はリクエストの承諾を行います。

この時にゲストに向けては、以下の3点を返信するといいでしょう。

  • 自己紹介
  • 簡単な挨拶
  • 宿泊で体験出来ることの案内

ゲストとの円滑なコミュニケーションが取れるかどうかは最初のメッセージから重要です。

3.宿泊前の段階でゲストから質問があることも

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%893

ゲストによっては宿泊前に質問やお願いをしてくることがあります。

観光地までの行き方や距離、部屋にアメニティがあるかどうかなどを確認してきたり、郵便物や駐車場利用の要望をしてくることがあります。

質問には丁寧に答えて、要望も出来る範囲で対応してあげるとゲストにも喜ばれます。

4.宿泊数日前に駅からの道順を伝えてあげよう

afe94a729322aceeed10e68be7e0a3eb_s

宿泊2,3日前になったらゲストに最寄りの駅、最寄り駅からの道順を伝えてあげましょう。

駅まで到着できても駅からの道順に迷って当日到着が遅れたり、連絡が来ることがあります。

そういった手間を省くためにも前日までに道順を伝えておくのが大事です。

5.日本語も英語もできないゲストからのリクエストはどうするか

Airbnbを運用しているとたまにあるのが日本語も英語も話せない人からのリクエストです。

言葉が通じないゲストとの交流も面白みはありますがやはり苦労します。

言葉が通じないゲストからのリクエストには

・Google翻訳などを使ってコミュニケーションを図る

・日本語や英語が話せないゲストを受け入れることができませんと断る

といった対処をしましょう。

最後に

もちろんゲストによって他にも様々な連絡を取り合うことがありますが、丁寧に、分かりやすく、ゲストのためを思って、安心して旅が出来るように案内しましょう。