民泊を始めるなら最低限用意なものを集めてみました!

日本でもかなり浸透してきたAirbnbなどのサービスを使った民泊。

自宅の空きスペースがあれば気軽に始められる国際交流兼副業としても人気です。

そんな気軽に始めることができる民泊ですが、さすがに最低限これだけはあったほうがよいというものを集めてみました。

これから在宅型の民泊を始めようと思う人は是非参考にしてみてください。

1.民泊運営するのに一番必要なものは寝具!最大ゲスト数×2、理想は×3

c6d0fd825f12e6942e310b2b3edaacdb_s

最悪寝ることさえできれば問題ないと考えるゲストもいますので民泊を始める時はまず寝具から揃えてみましょう。

布団・シーツ・枕・枕カバー・夏掛け・毛布

これらの寝具類はゲストごとに交換、洗濯したほうが絶対良いのでできれば最大宿泊人数×2は用意しておいたほうがよいです。(弊社オススメは3でローテーションです。不測の事態はよくあります)

シーツの交換は手間が意外にかかるので、チャック付きのものではなくゴムバンド付きの上からかけるだけのものをお勧めします。

また新規で購入する場合汚れが目立たないよう、黒色系のものを買うのがベストです。(弊社では無料でリネン類のレンタルサービスも対応しております)

2.生活消耗品は大量の予備を用意しておく

616243cdb3eb0d4ff3e45bdb251d70f9_s

トイレットペーパー・ティッシュ

消耗品はゲストの数によって消費の量が読めないので、大量に予備を用意しておくのをお勧めします。

常に一定の数以下になったら購入するように心がけておけば急に足りずに困ることもないでしょう。

Amazonや業務用スーパーなどでまとめて購入するのをお勧めします。

3.バス用品はどこまで用意するかでゲストの満足度は変化

9df1aacaf4bcc9c3526e8ca518dc3153_s

シャンプー・リンス・ボディソープ・タオル・バスタオル

バス用品はホスト側で用意しないという選択肢もありますが、念のために用意しておく方がゲストの満足度は上がります。

特にタオル類は荷物になるため現地で借りたがるAirbnbゲストは多いようです。しっかり数を用意しておくとよいでしょう。

近隣に銭湯がある場合、観光として利用する方もいらっしゃる為、全てのゲストがバス用品を使用するわけではないので交換頻度は消耗品に比べると低いです。

またバス用品に高品質なものを用意すると特に女性ゲストからのレビュー評価が上がります。

余裕のある人はバス用品にこだわってみるのもいいです。

4.キッチンにこだわりのある人はゲスト用の鍋や包丁も

9db855efbdb4251e232abb5b77897ceb_s

包丁・鍋・フライパン・お皿・コップ

キッチン用品にこだわりがある人はゲスト用のキッチン用品を別途用意しておくのをお勧めします。

ゲストによっては包丁やお皿などの雑に扱い、破損してしまうこともあります。

お互いが気持ち良く過ごすためにも前もって用意しておくのが良いでしょう。

またゲストがムスリムの場合、豚肉を調理したフライパンや包丁が使えない可能性があります。

現在訪日外国人の中でもムスリムが増えているので、さらに別に用意しておけばムスリムゲストへの印象はかなり良くなります。

5.民泊運営するならWifi環境は必至!宿泊者は少なくなります

民泊では世界中からゲストが来ることになりますが、もしwifiがなかった場合外国人の宿泊はかなり少ないでしょう。

ほとんどの外国人がwifi環境がある宿も求めるので民泊運営を始めるならwifi環境は必須です。

また外国人旅行者にとってはまだまだ日本でSIMカードを購入するのは難しいので、ゲストへのレンタル用にモバイルwifiを用意するのも喜ばれます。

1日レンタル500円で貸し出せば10日以上使われた場合、利益が出るので運用のハードルは低いです。

6.あると嬉しい近隣のMAP

こちらは絶対用意したほうが、というわけではないですが近隣エリアのMAPがあるとゲストにとっては非常にありがたいです。

近隣MAPは自力でお勧めスポットを探し作る他にも、都市部だと行政が発行しているエリアMAPがあります。

行政のMAPは中国語、韓国語、英語版がそれぞれ用意されてあることが多く、そのMAPをゲスト用に複数用意しておけばゲストに喜ばれるの手に入れておきましょう。

民泊運営を始めるのに必須なものまとめ

新しく在宅型で民泊運営をするのに必要なものはこちらです

布団・シーツ・枕・枕カバー・夏掛け・毛布 理想は各3セット(毛布は少なくても可)

トイレットペーパー・ティッシュ 1ゲスト1ロール・1箱×買う頻度

シャンプー・リンス・ボディソープ・タオル・バスタオル 連泊を想定して十分な用意を!

包丁・鍋・フライパン・お皿・コップ 基本的な調理器具は使い分けをオススメします

Wifi 省スタートならば自宅Wifi、理想はポケットWiFi

最低限こられのものさえ揃っていれば民泊は始められるので気軽に開始してみましょう!